× CLOSE

足立区の自動車学校比較ガイド » 【特集】自動車学校まとめコラム » 自動車学校の高速教習とは

公開日: |更新日:

自動車学校の高速教習とは

自動車学校で高速教習を行うのは、高速での走行に慣れるためです。

なぜ高速教習を行うのか

高速教習は、1994年に自動車教習所の教習カリキュラムが見直されたタイミングで追加されています。追加の理由は、全国に高速道路が整備されたことからあらかじめ高速道路の走行に慣れておく必要が出てきたため。教習の中で高速道路を走行する感覚や特性などを体験し、免許取得後もスムーズに走行できるようになることを目的としています。

高速道路と一般道は走行スピードが大きく異なります。さらに本線への合流のタイミングやゲートの通り方といった高速道路特有の運転にも慣れておく必要があります。このように一般道とは異なる点が多々あるため、高速道路に慣れていないまま走行しようとすると、どう対応していいかわからないばかりか事故を引き起こすおそれも出てきます。教習で高速道路の走行を体験しておくことは非常に重要であるといえます。

高速教習の前準備

高速教習の受講タイミング

高速教習は、仮免許を取得した後の第二段階で受講しますが、ある程度の運転技術が必要となるために第二段階の後半に設定されているケースが多いです。高速教習を受ける場合には自身で予約を取りますので、どのタイミングで予約をすれば良いのかをあらかじめ確認しておくことがおすすめです。

お手洗い(体調管理)

高速教習の前にはお手洗いをしっかりと済ませておきましょう。また、教習前日はしっかりと睡眠を取るなど体調を万全にする、という点も心がけておきたいポイントです。体調がすぐれない場合には無理せずキャンセルすることを検討してください。

料金所の流れ

料金所をどのように通過するかもあらかじめ確認が必要です。ETC車載器が搭載されている教習社の場合にはETCレーンに進みますが、もし現金や回数券を使用する場合には一般のレーンに入り、通行券を受け取る必要があります。どの支払い方法を利用し、どのような流れで通過するのかをあらかじめ確認しておきましょう。

車の点検

例えばガソリンが十分に入っているか、タイヤは空気圧が低すぎないか、ライトに異常が見られないかなど高速教習の前にはしっかりと車の点検を行うことも大切です。もしチェックを怠った場合には事故につながる可能性もゼロではないためです。

高速教習の基礎知識

そもそも高速道路とは

そもそも高速道路とは、「高速自動車国道」と「自動車専用道路」のことを指す言葉です。高速道路と聞いてイメージするのは、料金所を通過して入ることで80km/hや100km/hといった一般道よりも早いスピードで走行できる道路ではないでしょうか。基本的な認識としてそのような形で問題ありませんが、制限速度や料金、管理している会社はその道路によって異なりますので注意が必要です。また、中には無料区間として設けられているところもあります。

高速道路と一般道での運転の違い

高速道路と一般道における大きな違いとしては、歩行者の有無が挙げられます。高速道路に歩行者は侵入できませんので、一般道よりも速い速度での走行が許されています。しかし道路によって最高速度や最低速度が異なる場合がありますので、道路標識に注意しながら走行しなければならない点はどちらも同じです。また、基本的に信号なども無いのでスムーズに走行できますが、故障車や事故・渋滞などが発生した際には停車しなければならない可能性がありますので、一般道よりも注意が必要です。

「サービスエリア」と「パーキングエリア」の違い

高速道路に設けられているサービスエリアとパーキングエリアですが、実は明確な区別はありません。大まかな定義は存在しますが、必ずその限りではないため地域によって異なります。一般的にサービスエリアはレストランや売店などの休憩所に加えガソリンスタンドが設けられていることが多く、パーキングエリアはそれよりも施設内容が簡易的な傾向にあります。また、サービスエリアは約50kmごとに1つ、パーキングエリアは約15kmごとに1つを目安に設置されています。

「インターチェンジ」と「ジャンクション」の違い

高速道路にあるインターチェンジというと、高速道路の乗り降りをする出入口です。一般道と高速道路を繋ぐ料金所などが設けられており、通行券を受け取ったり料金を支払うほか、ETCゲートが設置されています。一方のジャンクションは複数の高速道路をつなぐ場所を指しており、道路の分岐が発生する場所になります。そのため自分がどの方面に向かっているのかをしっかり認識し、標識を見ながら運転する必要があります。

高速教習がない場合もある

実は自動車学校によっては、高速教習を行わない場合があります。理由としては「教習所から高速道路までが遠い」「渋滞などにより高速道路で速度をしっかりと出せない状況にあるから」「路面凍結など、さまざまな危険要素があるから」と色々なものが挙げられます。高速教習をしないまま免許を取得するといざ高速道路に乗る時に困ってしまうため、こういった場合には高速シミュレーターで教習を受けることになります。実際の教習では危険な場面を体験することはありませんが、高速シミュレーターではさまざまな場面を体験することができます。

高速教習のコツと注意点

高速道路本線への合流

高速道路本線へ合流する前の合流路区間は制限速度が時速30~40km程度となっていますので、この段階ではまだスピードアップは禁物です。本線と合流するための加速車線に入ったら、スピードを上げ、本線の車の流れを確認し、安全なタイミングで合流します。合流時に加速が不十分ですと、本線を走る車との速度差によって、却って衝突事故のリスクが高まってしまいますので、要注意です。

車間距離

高速道路では一般道で運転する時以上に、全走車との距離をより多く取っておくことが求められます。仮に、合流口や他車線から強引な割り込みがあった場合などでも、車間距離が十分あれば、接触事故のリスクは少なくなります。

車線変更

高速道路での車線変更も接触事故が起きやすいタイミングのひとつです。ルームミラー、サイドミラー、目視によって自分の車の周囲の状況をしっかりと確認し、ウインカーでの合図を確実に行いながら車線変更を行います。もちろん急なハンドル操作はNG。余裕をもって着実にハンドル操作を行うことが大切です。

遠くを見る

高速道路での走行は速度が速いゆえに、すぐ近くばかりを見ていると、思わぬ危険につながります。例えば前方に落下物があったり、事故や渋滞が発生していることに直前まで気がつかないといったリスクが高まってしまいます。高速道路を走行する際は、なるべく遠くに視線を置くということを心がけてください。

標識・標示はしっかり確認

高速道路では、自分が降りるインタージェンジや進むべき分岐点の方向などが 標識・標示であと「〇〇Km」や「○○へは右車線へ」といった感じで示されます。これらを見落としたまま進み、直前になって慌てて車線変更したら事故を起こしてしまった、というパターンが実に多いです。目的地や進行方向に関する標識・標示は予めしっかり確認し、着実に運転することが大切です。

料金所

料金所は高速道路(および有料道路)ならではのポイントとなります。通行可能なゲートには通常グリーンのランプ、通行不可のゲートには赤ランプが点灯していますので、グリーンランプのゲートがどこかを確認して、通るべきゲートを決めたらふらついたりせずに通りましょう。どのゲートを通るか迷ってしまうと、思わぬ事故につながってしまいます。

一般道に戻った時のスピード感

一般道は高速道路よりも制限速度が低く設定されています。高速道路を降りたばかりですと、それまでの高速走行のスピードに感覚が慣れてしまっていますので、ついスピードを出し過ぎてしまうということが起こりがちです。高速道路を降りたら、意識的にスピードを抑えるよう注意が必要です。

卒業後でも高速教習は受けられる

実際に高速道路で高速教習を受けずに免許を取得した場合、卒業後でも高速教習を受けられるカリキュラムを用意している教習所もあります。シミュレーターでの教習だけでは、実際に高速道路を走行することに不安を覚える人がいるためです。

単体で受けられるカリキュラムであるため、時間を気にせずに高速道路走行の練習ができます。また、できるだけ空いている高速道路を選ぶこともできます。

高速道路の走行に不安がある人は、このカリキュラムを活用すると良いでしょう。

足立区のおすすめ自動車学校3選
値段と口コミ・評判を比較

くAT免許をとるなら/
足立区の自動車学校
値段と通いやすさを比較

2023年5月17日時点、足立区内にある自動車学校は下記3校のみでした。(※)

ここでは、自動車学校を選ぶポイントである「値段」と「通学のしやすさ」に注目して、各校の教習料金と無料送迎バスの停留駅数を比較しています。

※参照元:一般社団法人 全日本指定自動車教習所協会連合会(https://www.zensiren.or.jp/archives/area/tokyo/)

足立自動車学校

足立自動車学校
AT料金:327,580円
MT料金:341,440円
送迎バスの停留駅数:20

足立自動車学校の
公式サイトはこちら

足立自動車学校

足立自動車学校
AT料金:327,580円
MT料金:341,440円
送迎バスの停留駅数:20

足立自動車学校の
公式サイトはこちら

竹の塚モータースクール

竹の塚モータースクール
AT料金:327,800円
MT料金:341,330円
送迎バスの停留駅数:8

竹の塚モータースクールの
公式サイトはこちら

北足立自動車教習所

北足立自動車教習所
AT料金:329,450円
MT料金:342,650円
送迎バスの停留駅数:4

北足立自動車教習所の
公式サイトはこちら

【教習料金】
※2023年5月17日調査時点、普通自動車免許(所持免許なし・一般)の教習料金を参照。
※教習料金には、入校時に必要な金額も含まれています。
※別途、仮免申請交付料や仮免学科試験不合格の場合の再受験料、教習・検定のキャンセル料が発生します。

               車

自動車学校を選ぶ時に必ず気になる「教習料金」。
ここでは足立区内の自動車学校のAT教習料金をわかりやすく比較しました!

AT教習料金の
比較はこちら