× CLOSE

足立区の自動車学校比較ガイド » 【特集】自動車学校まとめコラム » 自動車教習所における効果測定について

公開日: |更新日:

自動車教習所における効果測定について

免許取得に避けては通れない効果判定について紹介

本ページでは、足立区の自動車学校で本仮免許試験と本免許試験をそれぞれ受ける前に必須である効果判定について、勉強の方法や出題内容などを紹介しています。

合格すると次のステップへ進めますが、不合格になると再度試験を受けたり補講があったりするので、一発合格を目指しましょう。

足立区の自動車学校で免許を取得するには、仮の免許と本免許の試験を受ける前に効果判定という試験を受けなければなりません。効果判定はどんな試験なのかや勉強の仕方をご紹介しています。

そもそも効果測定とは?

効果判定は、運転免許証を取得するために必要な「仮免学科試験」・本免学科試験の前段階である「修了検定」の、さらに前に受ける現在の知識を確認や弱点を把握するための試験のようなものです。

免許取得までに2回受けることになっており、仮免許学科試験前までの教習終了後1回目の効果判定に合格することで、修了検定、仮免学科試験へと進みます。

仮免許合格後に路上講習、第二学科教習が終了すれば、2度目の効果判定を受け、修了検定、本免学科試験を合格すれば免許が取得できます。

不合格の場合は、合格するまでその後の終了検定や仮免などへステップアップできません。自動車学校によっては補講がある場合もあります、その場合、時間も費用も掛かりますので1回で合格を目指したいものです。

試験の内容について

〇×形式の試験ではありますが、一般的に、標識や表示はよく出題されます。標識や表示はうろ覚えにしておくと思わずひっかけにあってしまいますので、標識や線の形や色、矢印まで確実に覚えておく必要があります。また、一時停止なのか徐行すべきなのかの問題や、信号機の正しい判断についてなどの問題も出題されます。効果判定の試験内容は、学科教習の内容から出題されますので、教習の内容をしっかりと網羅しておけば、確実に合格することができます。教習で教わっていないところからはまず出題されません。もちろん、教習のテキストの内容は、熟読しておく必要があります。

効果測定試験の勉強方法

効果判定の出題範囲は教習で習ったすべての範囲から出題されますので、教習内容を思い出しながらテキストを読み込んで覚えていく作業が大事です。自分で実際に標識や表示を書いたり、この時はこうだと口にしながら勉強すると、頭の中で文章を読むだけより覚えやすくなります。実際に、日常生活で標識や表示などを意識することによって覚えやすくなります。サラッと覚えてしまうと、試験の時にひっかけ問題で間違えてしまいますので、「絶対~」「必ず~」などの文言に注意しながら問題を解くようにしましょう。

足立区の自動車学校3選
安い&通いやすい自動車学校はどこ?

くAT免許をとるなら/
足立区の自動車学校
値段と通いやすさを比較

2023年5月17日時点、足立区内にある自動車学校は下記3校のみでした。(※)

ここでは、自動車学校を選ぶポイントである「値段」と「通学のしやすさ」に注目して、各校の教習料金と無料送迎バスの停留駅数を比較しています。

※参照元:一般社団法人 全日本指定自動車教習所協会連合会(https://www.zensiren.or.jp/archives/area/tokyo/)

足立自動車学校

足立自動車学校
AT料金:327,580円
MT料金:341,440円
送迎バスの停留駅数:20

足立自動車学校の
公式サイトはこちら

足立自動車学校

足立自動車学校
AT料金:327,580円
MT料金:341,440円
送迎バスの停留駅数:20

足立自動車学校の
公式サイトはこちら

竹の塚モータースクール

竹の塚モータースクール
AT料金:327,800円
MT料金:341,330円
送迎バスの停留駅数:8

竹の塚モータースクールの
公式サイトはこちら

北足立自動車教習所

北足立自動車教習所
AT料金:329,450円
MT料金:342,650円
送迎バスの停留駅数:4

北足立自動車教習所の
公式サイトはこちら

【教習料金】
※2023年5月17日調査時点、普通自動車免許(所持免許なし・一般)の教習料金を参照。
※教習料金には、入校時に必要な金額も含まれています。
※別途、仮免申請交付料や仮免学科試験不合格の場合の再受験料、教習・検定のキャンセル料が発生します。

               車

自動車学校を選ぶ時に必ず気になる「教習料金」。
ここでは足立区内の自動車学校のAT教習料金をわかりやすく比較しました!

AT教習料金の
比較はこちら