× CLOSE

足立区の自動車学校比較ガイド » 【特集】自動車学校まとめコラム » 教習中に事故を起こしたら
|

教習中に事故を起こしたら

教習中に事故を起こさないか、不安になる人もいるでしょう。ここでは教習中に事故を起こした際、どんなことが予想されるのかをまとめています。

教習所内での事故の場合

基本的に教官は教習生が運転している自動車に同乗している場合でも、十分な注意を払い、急ブレーキなどの措置を怠らないようにするという義務があります。そのため教官が同乗しており、他の教習生が運転する車輛に追突し、その教習生にケガを負わせた際は教官も連帯責任を負う可能性が高くなります。ただ教官によほどの過失がなければ、全責任が教官にあるとは言いにくいのです。状況次第で責任を負う可能性が高いので、教習所内であっても運転には注意してください。

また過失割合は教習所内といっても一般の道路にある信号や標識、道路標示が設置されているため、一般の道路に近い過失割合で考えられるケースがほとんどです。

教習所内は道路ではない

道路とは道路交通法で、一般交通用として提供される場所と定義されています。つまり教習所内に作られた道路は、一般交通用として使用されることがないため道路として扱われることはありません。そのため教習所内で怒った事故は、道路交通法の適用外です。

いわゆる駐車場内の事故のような取り扱いになり、教習所の事故も過失の考え方などが適用されます。

路上教習中の事故の場合

路上教習に出るためには仮免許を取得している状態です。そのため仮免許取得者が運転中に事故を起こし、物や人に被害を被った場合には運転者が損害賠償や修理費用などを支払う責任があります。

教官が責任を負うのは、よほどの監督行為を怠っていたケースだけです。たとえば教習中に居眠りをしている、スマホをみていたなどのケースですが、なかなか立証することが困難のため、教官が責任を負う可能性が低いでしょう。

実際にお金を支払うの?

仮免許の状態でも加入できる任意の自動車保険もありますが、ほとんどの方は正式な免許を取得してから加入するはずです。そのため教習中に起こした事故の場合に、損害賠償や被害補償を行うのは難しいでしょう。

結論から言うと教習中に事故を起こした際に運転者が、実際に支払う可能性はほとんどありません。一般的には自動車教習所が自動車教習所総合補償保険に加入しているため、事故を起こしたときは、そこの保険で損害を負担するようになっています。ただ自動車教習所が保険に加入していない場合には、運転者が自己負担する可能性もあるので、入学する前に確認しておくことをおすすめします。

まとめ

教官がいるから安心!と安易に思い込むのは大変危険です。もし事故を起こしてしまえば、運転している人が責任を負うことになるので、事故を起こさないように気を引き締めて運転を行ってください。

くAT免許をとるなら /
足立区の自動車学校
教習料金比較

足立自動車学校

足立自動車学校
29万7,800円

足立自動車学校の
公式サイトはこちら

北足立自動車教習所

北足立自動車教習所
30万574円

北足立自動車教習所の
公式サイトはこちら

足立自動車学校

足立自動車学校
29万7,800円

足立自動車学校の
公式サイトはこちら

竹ノ塚モータースクール

竹ノ塚モータースクール
30万850円

竹ノ塚モータースクールの
公式サイトはこちら

               車

自動車学校を選ぶ時に必ず気になる「教習料金」。
ここでは足立区内の自動車学校のAT教習料金をわかりやすく比較しました!

AT教習料金の
比較はこちら