× CLOSE

足立区の自動車学校比較ガイド » 【特集】自動車学校まとめコラム » 技能試験・教習のポイント

公開日: |更新日:

技能試験・教習のポイント

自動車教習所で運転免許を取得するには仮免許および本免許試験に合格する必要がありますが、技能試験に苦手意識を持ってしまっている方も多いことでしょう。S字やクランクなどでつまずいてしまったり、緊張して安全確認を忘れてしまうといったことが起きがちです。それらのポイントを、予め押さえておきましょう。

苦戦する人が多い実技

改めて申し上げるまでもありませんが、運転免許を取得するには学科だけではなく、実技の試験にも合格する必要があります。その際、合格・不合格を左右するポイントはどのような点なのか、予め意識を高めておくことがよいでしょう。

実技試験の内容と採点方式

運転免許の実技試験は、運転技術がキチンと備わっているかを確認するためのもの。発進・停止はもとより、S字やクランクをキチンと走行できるか、坂道発進を行えるか、キチンと安全確認を行っているかなどが確認されます。

その実技試験の際、採点は減点方式で行われます。まず持ち点が100点があり、例えば「安全確認を怠る」とマイナス10点、「右左折時の合図をしない・戻さない」とマイナス5点といった感じになります。普通第一種免許の場合は70点以上で合格。こうしたポイントをしっかり理解した上で、普段の講習に臨むことが大切です。

技能試験で意識すべきポイント

技能教習でとくにつまずきやすいのが、縦列駐車と坂道発進、クランク、方向転換です。それぞれのポイントを解説します。

安全確認

個人差はあるものの、技能試験というものは誰しも緊張するもの。それゆえ、普段の教習ではちゃんと行っているのに、試験だとつい忘れてしまいがちなのが安全確認です。見通しの悪い交差点への進入前、左折時の巻き込み防止確認などはしっかりと首を動かし、ミラーと目視確認を行っていることが試験官に分かるようにすることが大切です。

縦列駐車

縦列駐車を成功させるためには、スタート位置の確認が欠かせません。まずは前方の車と平行に止めましょう。スタート位置を間違えているために失敗してしまう方が多いです。

縦列駐車中は、ゆっくり、確実に行うことを意識してください。目印のポールの位置を慎重に確認し、理想的な場所でしっかりと停車できるようにします。 車を動かしながらハンドルを操作するのは大変ですので、停車した状態でハンドルを操作するのがポイントです

坂道発進

オートマ(AT)の場合、意識したいのは坂道発進が終わって下り始めた際にギアをセカンドに切り替えるのを忘れないことです。また、坂を下り終えたらセカンドからDに戻すのも忘れないようにしましょう。

マニュアル(MT)の場合のコツは、半クラッチの感覚をつかむことです。そのためには、アクセルを一定に踏むことが欠かせません。一定に踏んでおくことにより、半クラッチにした際にエンジン音がわかりやすく変化します。 一つひとつの動作をゆっくり行いましょう。

クランク

90°直角に曲がるカーブが連続しているクランク。教習所の多くでは、黄色やオレンジなどの色づけされたポールが並んでおり、ついそちらに意識がいってしまいがちですが、より重要なのは、クランクコース前提の形状や大きさを意識することです。クランク内でどのコースを辿れば脱輪せずにクリアできるかを、イメージトレーニングしておきましょう。

その上で重要なのは、事前にしっかりスピードを落とした上で、右折の場合は左前輪をなるべく左側に、左折の場合は右前輪をできるだけ右に寄せることです。そうすることで、内輪差による後輪の脱輪防止になります。その上でゆっくり進みながら、前輪がカーブの角を越えてからハンドルを切れば、直角カーブでもちゃんと曲がり切れるはずです。その際に、後輪や車体側面が角に接触しないか、サイドミラーで確認しながら曲がることも重要です。逆に事前の寄せ方が不十分、ハンドルを切るタイミングが早すぎると、失敗につながります。

S字カーブ

コツとしては上記のクランクの場合と共通している感じになります。事前にコースをしっかり確認しておき、コースをどのように通ればクリアできるかをイメージトレーニングしておくと有効です。

その上でクランクの場合と同じく、事前にしっかりスピードを落としてからカーブに進入します。その際、曲がる方向と反対側になるべくクルマを寄せておき、ハンドルを切り始めるのはカーブの頂点部分(クランクの場合の角)を前輪が越えてから。サイドミラーで内輪差による後輪の脱輪が起きていないかを確認しながら進みます。ただしミラーを凝視するのではなく、車が進むべき方向と交互に見るようにしましょう。

クランクの場合と同様、事前の車体の寄せ方が不十分だったり、ハンドルを切るタイミングが早すぎると脱輪の原因になってしまいます。この点をしっかりと意識してください。

右への方向転換

自動車教習における「方向転換」とは、T字型のコースを利用して、車の進行方向を180度変更するというものになります。そして「右への方向転換」は、まずバックで右へ90度車を曲げ、そこから左へ90度前進しながら方向を転換するという内容になります。

ポイントとしてはまず、コースの中央、車の左右の隙間がほぼ同じ位になる位置に車を停止。安全確認を行いますが、この時、つい車体の左側の安全確認を疎かにしてしまいがちなので要注意。

ギアをバックに入れ、ゆっくり進みながら、右後輪がコースの角に離れすぎないようにハンドルを切るのがポイント。また内輪差によって左前輪がコースの外側に触れないように注意することも重要です。

車体が右に90度曲がったらハンドルを戻し、車体を真っすぐにして停止。ギアを前進に入れ、左前輪がコースの角部分を越えたらハンドルを左に切っていきます。この時も内輪差をキチンと意識しておくことが大切です。

左への方向転換

上記の「右への方向転換」とは逆に、バックで左へ90度車を曲げ、そこから右へ90度前進して方向を転換するという内容になります。

コツやポイントはほぼ同様ですが、最初にバックで左に曲がる際、右後輪の位置が把握しずらくなりますので、ミラーと目視でしっかり確認しながら車を曲げていきます。

右へ曲がりながらの前進の際は、左の前輪と右後輪の内輪差に注意をしながら進むことが大切です。

足立区のおすすめ自動車学校3選
値段と口コミ・評判を比較

くAT免許をとるなら/
足立区の自動車学校
値段と通いやすさを比較

2023年5月17日時点、足立区内にある自動車学校は下記3校のみでした。(※)

ここでは、自動車学校を選ぶポイントである「値段」と「通学のしやすさ」に注目して、各校の教習料金と無料送迎バスの停留駅数を比較しています。

※参照元:一般社団法人 全日本指定自動車教習所協会連合会(https://www.zensiren.or.jp/archives/area/tokyo/)

足立自動車学校

足立自動車学校
AT料金:327,580円
MT料金:341,440円
送迎バスの停留駅数:20

足立自動車学校の
公式サイトはこちら

足立自動車学校

足立自動車学校
AT料金:327,580円
MT料金:341,440円
送迎バスの停留駅数:20

足立自動車学校の
公式サイトはこちら

竹の塚モータースクール

竹の塚モータースクール
AT料金:327,800円
MT料金:341,330円
送迎バスの停留駅数:8

竹の塚モータースクールの
公式サイトはこちら

北足立自動車教習所

北足立自動車教習所
AT料金:329,450円
MT料金:342,650円
送迎バスの停留駅数:4

北足立自動車教習所の
公式サイトはこちら

【教習料金】
※2023年5月17日調査時点、普通自動車免許(所持免許なし・一般)の教習料金を参照。
※教習料金には、入校時に必要な金額も含まれています。
※別途、仮免申請交付料や仮免学科試験不合格の場合の再受験料、教習・検定のキャンセル料が発生します。

               車

自動車学校を選ぶ時に必ず気になる「教習料金」。
ここでは足立区内の自動車学校のAT教習料金をわかりやすく比較しました!

AT教習料金の
比較はこちら