× CLOSE

足立区の自動車学校比較ガイド » 【特集】自動車学校まとめコラム » 技能教習でつまずきやすいポイント

公開日: |最終更新日時:

技能教習でつまずきやすいポイント

苦戦する人が多い実技

自動車学校では学科試験のほかに実技試験を行うことになりますが、実技の技能教習がうまくいかず、苦戦してしまう方が多いです。技能教習とは、実際に車を運転するうえで必要となる運転技術を身につけるために行う訓練のことをいいます。

各時間で身に付けるべき技術があり、それをクリアしなければ次の技能には進めません。つまずいてしまうと何度も同じ技能教習を受けなければならず、時間とお金がかかることになります。

技能教習で意識したいポイント

技能教習でとくにつまずきやすいのが、縦列駐車と坂道発進、クランク、方向転換です。それぞれのポイントを解説します。

縦列駐車

縦列駐車を成功させるためには、スタート位置の確認が欠かせません。まずは前方の車と平行に止めましょう。スタート位置を間違えているために失敗してしまう方が多いです。

縦列駐車中は、ゆっくり、確実に行うことを意識してください。目印のポールの位置を慎重に確認し、理想的な場所でしっかりと停車できるようにします。 車を動かしながらハンドルを操作するのは大変なので、停車した状態でハンドルを操作するのがポイントです

坂道発進

オートマ(AT)の場合、意識したいのは坂道発進が終わって下り始めた際にギアをセカンドに切り替えるのを忘れないことです。また、坂を下り終えたらセカンドからDに戻すのも忘れないようにしましょう。

マニュアル(MT)の場合のコツは、半クラッチの感覚をつかむことです。そのためには、アクセルを一定に踏むことが欠かせません。一定に踏んでおくことにより、半クラッチにした際にエンジン音がわかりやすく変化します。 一つひとつの動作をゆっくり行いましょう。

クランク

クランクは速度を落として行うことが重要です。今通っている部分だけを考えるのではなく、クランクコース全体の形を把握し、どこをどのように通行すれば脱輪しないのか考えましょう。

前輪と後輪の通る軌道が異なることをしっかり意識することが大切です。 走行中はすぐ近くではなく進行方向を見ること、右折する場合は左の前輪をできるだけ左側に寄せること(左折はその逆)を意識しましょう。

方向転換

方向転換のポイントは、バックしてスペースに入れる際に、一番手前の縁石の角を確認しておくことです。そのうえで後ろタイヤがどの位置を通れば良いのかイメージしましょう。

縁石の角ギリギリを通るようにすることも重要です。スペースに入る際はできるだけ車が出るのと反対方向の枠に寄せると、出やすくなります。

足立区で
一番料金が安い&通いやすい自動車学校は?

くAT免許をとるなら/
足立区の自動車学校
教習料金比較

足立自動車学校

足立自動車学校
32万7,580円

足立自動車学校の
公式サイトはこちら

北足立自動車教習所

北足立自動車教習所
32万9,450円

北足立自動車教習所の
公式サイトはこちら

足立自動車学校

足立自動車学校
32万7,580円

足立自動車学校の
公式サイトはこちら

竹ノ塚モータースクール

竹ノ塚モータースクール
33万650円

竹ノ塚モータースクールの
公式サイトはこちら

※教習料金は2021年10月の情報です。

               車

自動車学校を選ぶ時に必ず気になる「教習料金」。
ここでは足立区内の自動車学校のAT教習料金をわかりやすく比較しました!

AT教習料金の
比較はこちら