× CLOSE

足立区の自動車学校比較ガイド » 【特集】自動車学校まとめコラム » 自動車学校の退校について

公開日: |更新日:

自動車学校の退校について

免許を取得するために入学した自動車学校も、何らかの事情で退校になるケースがあります。

このページでは、自動車学校が退学になるケースや、退校する際の返金について解説しています。

自動車学校の退校について知りたい方や、退校する際の返金について気になっている方はぜひ参考にしてください。

自動車学校を退校するケース

自動車学校を退学する理由としては、

などが挙げられます。

さら詳しく退学処分になるケース・自主的に退校するケースの2パターンを紹介します。

退校処分になるケース

自動車学校では滅多なことで退学にはなりませんが、ふとしたことで退学になってしまうケースがあります。

それは、在学期限を過ぎてしまうことで退学になるケースです。

自動車学校には在学期限が設けられており、その間に卒業しないと退校処分となってしまいます。

せっかく途中まで受講や検定が終わっていても、期限が過ぎて卒業できないと再度一から受講し直さなければいけなくなります。

自動車学校の在学期限

自動車学校の在学期限としては、入校後最初の講習を受けてから9ヶ月と法令で定められています。

そのため、延長することはできず、この期限内ですべての学科講習と技能講習を修了する必要があります。

補足として、卒業検定は9ヶ月の中に含まれません。

その他の期限

自動車学校では在学期限の他にさまざまな期限があります。

期限内できちんと卒業して免許を取得するためにも、スケジュール管理はしっかりとおこないましょう。

自主的に退校するケース 

忙しくて教習の時間を取ることができない・教員との相性が悪い・引越ししてしまうなど、やむを得ない事情で退校を選ぶケースもあります。

その場合は、自主的に退学するケースに該当します。

引越しで通っていた自動車学校に通えなくなることから、退校を考えている方もいるかと思いますが、実は自動車学校は転校できることをご存知でしょうか?

在学期限内でしたら転校ができるケースがあります。引越し先の最寄りの自動車学校に一度相談すると良いでしょう。

退校する際の返金について

多くの自動車学校では、退学する際の返金について、実施していない教習や検定についての料金は原則返金されることとなっています。

入学金・教本代・講習料などをまとめた金額を入学時に支払いますが、返金される項目としては、以下のようなものが挙げられます。

どれも未受講の分の金額が対象となりますので、検定や仮免学科などを受けている場合はその分が差し引かれた金額が返金されます。

入学金や教本代・写真代などは返金されないため、注意が必要です。

足立区のおすすめ自動車学校3選
値段と口コミ・評判を比較

くAT免許をとるなら/
足立区の自動車学校
値段と通いやすさを比較

2023年5月17日時点、足立区内にある自動車学校は下記3校のみでした。(※)

ここでは、自動車学校を選ぶポイントである「値段」と「通学のしやすさ」に注目して、各校の教習料金と無料送迎バスの停留駅数を比較しています。

※参照元:一般社団法人 全日本指定自動車教習所協会連合会(https://www.zensiren.or.jp/archives/area/tokyo/)

足立自動車学校

足立自動車学校
AT料金:327,580円
MT料金:341,440円
送迎バスの停留駅数:20

足立自動車学校の
公式サイトはこちら

足立自動車学校

足立自動車学校
AT料金:327,580円
MT料金:341,440円
送迎バスの停留駅数:20

足立自動車学校の
公式サイトはこちら

竹の塚モータースクール

竹の塚モータースクール
AT料金:327,800円
MT料金:341,330円
送迎バスの停留駅数:8

竹の塚モータースクールの
公式サイトはこちら

北足立自動車教習所

北足立自動車教習所
AT料金:329,450円
MT料金:342,650円
送迎バスの停留駅数:4

北足立自動車教習所の
公式サイトはこちら

【教習料金】
※2023年5月17日調査時点、普通自動車免許(所持免許なし・一般)の教習料金を参照。
※教習料金には、入校時に必要な金額も含まれています。
※別途、仮免申請交付料や仮免学科試験不合格の場合の再受験料、教習・検定のキャンセル料が発生します。

               車

自動車学校を選ぶ時に必ず気になる「教習料金」。
ここでは足立区内の自動車学校のAT教習料金をわかりやすく比較しました!

AT教習料金の
比較はこちら