× CLOSE

足立区の自動車学校比較ガイド » 【特集】自動車学校まとめコラム » 仮免許試験は難しい?一発合格するための秘訣

仮免許試験は難しい?一発合格するための秘訣

仮免許の試験について、傾向と対策をご紹介

本ページでは、自動車教習のひとつのヤマ場である仮免許の試験について、内容や傾向と対策などを取りまとめてご紹介していきたいと思います。

仮免許試験は文字通り、運転免許の取得には避けて通れない関門です。合格のためには、万全に準備をしておきましょう。

そもそも仮免許(仮運転免許)とは?

正式には仮運転免許となります。簡単に言えば、一般公道での路上教習を行うために必要な免許ということであり、また自動車学校の敷地内で行う第一段階の教習が終了したという証でもあるのです。なお、教習所ではなく、運転免許試験場でのいわゆる一発試験でも仮免許試験は受けることができますが、その場合、合格率は50%ほどになってしまうとされています。

仮免試験について

上記の通り、仮免試験の運転免許試験場での合格率は50%ほどであり、適当にやれば誰でも合格できるというほどやさしいものではありません。その点はまず、しっかり踏まえておいてください。

一方で、必要以上にプレッシャーを感じてしまったり、不安が先走ってしまうのもよくありません。大切なのは、どのような試験が行われるかを理解した上で、予習や対策をしっかりと行っておくことです。

なお、仮免には技能試験と学科試験があり、両方に合格しなければなりません。詳しくは後述します。また本試験の前段階として、自動車学校では仮免許の試験前に「効果測定」というものが行われます。言わば、仮免許試験の前の模試のようなもので、ご自分の理解度を把握するよい機会と言えるでしょう。

技能検定

仮免の技能検定は、教習所内に定められた所定コースを、決められた手順に従って走れるかどうかをチェックされます。概ね15分ほどで、3~4パターンほど用意されている試験コース中から、試験当日にどのコースで行われるかが発表されるという方式となっています。

技能検定の採点方式

技能検定の採点は、100点の持ち点から、ミスの種類や回数に応じて減点されていく方式で行われていき、70点以上であれば合格です。減点は、進入禁止違反でマイナス20点。ウィンカーの合図忘れでマイナス5点。発進時の安全確認忘れでマイナス10点といった感じです。また接触などで、一発不合格となってしまう場合もあります。

技能試験前にやっておくといいポイント

●試験に用いられるコースはしっかり覚え、イメージトレーニングを行うのが効果的

●試験で難易度の高い「S字クランク」や「停車」を、普段の教習で意識して練習

●どんなミスをすると何点減点されてしまうのかを、予め把握しておく

●安全確認は大げさに行うようにする。中途半端だと減点とみなされてしまう

学科試験

制限時間は30分。いわゆる○×式の試験で、50問が出題され、100点満点中90点以上で合格が合格となります。問題は都道府県ごとに作成されるので、例えば寒い地域などでは雪や路面凍結などの割合が多くなります。また、いわゆる「ひっかけ問題」も多いので注意が必要です。

学科試験の採点方式

前述しました通り、50問の○×方式の試験で行われ、100点満点中90点以上で合格となります。逆に言えば、50問中、5問が不正解でも合格できるということでもあります。事前にしっかり予習を行い、落ち着いて行えば、一発合格は十分可能です。

学科試験前にやっておくといいポイント

●受験勉強などと同じく、過去の問題集を繰り返し行うことはが効果的

●例えば進入禁止のマークを「これは停止の標識である」としてあるような、ひっかけ問題に気を付ける

くAT免許をとるなら /
足立区の自動車学校
教習料金比較

足立自動車学校

足立自動車学校
29万7,800円

足立自動車学校の
公式サイトはこちら

北足立自動車教習所

北足立自動車教習所
30万574円

北足立自動車教習所の
公式サイトはこちら

足立自動車学校

足立自動車学校
29万7,800円

足立自動車学校の
公式サイトはこちら

竹ノ塚モータースクール

竹ノ塚モータースクール
30万850円

竹ノ塚モータースクールの
公式サイトはこちら

               車

自動車学校を選ぶ時に必ず気になる「教習料金」。
ここでは足立区内の自動車学校のAT教習料金をわかりやすく比較しました!

AT教習料金の
比較はこちら