× CLOSE

足立区の自動車学校比較ガイド » 【特集】自動車学校まとめコラム » 免許を取るならオートマとマニュアル、どちらがおすすめ?

免許を取るならオートマとマニュアル、どちらがおすすめ?

オートマ限定免許の制度が出来たのは平成3年(1991年)のこと。それ以前は、運転免許と言えばマニュアルでした。それから四半世紀以上、現代の免許事情はどうなっているのでしょうか。

このページでは、普通自動車免許の取得に際し、オートマとマニュアルどちらを選ぶべきかについて、取りまとめてご紹介していきたいと思います。

オートマ(オートマチック・トランスミッション)とは

その名称の通り、ギアチェンジとクラッチ操作をドライバーが行う必要がなく、車の方で自動的に行ってくれる方式のことです。ペダルもアクセルとブレーキのみ。クラッチペダルはありません。ただし、大抵の場合、減速のためのシフトダウンはドライバーの意志で行えるようになっています。

また、近年では、スポーツタイプの車種などで、普段はオートマチック、スポーツ的な走りをしたいときにはシフトアップ、シフトダウンをドライバーの意志で行える、モード選択ができる車種もあります。

マニュアル(マニュアル・トランスミッション)とは

オートマチック・トランスミッションとは逆に、ドライバーが自分の意思で、クラッチ操作とギアチェンジを行う方式のことです。

アクセル、ブレーキに加え、クラッチペダルを備えた3ペダル方式となります。発進と停止の際は必ず左足でクラッチ操作を行わなければならず、また走行中も、速度や回りの状況に応じて、適切なギアをドライバー自身が選択する操作を行わなければなりません。

オートマに比べ、運転の難易度も高くなります。

現在はオートマ免許が主流

前述しました通り、オートマ限定免許の制度は平成3年(1991年)からで、それ以前はマニュアル免許しか選択肢はありませんでした。オートマ車に乗る場合でも、マニュアル免許を取得しなければならなかったのです。

それから時が過ぎ、平成17年(2005年)では、マニュアル56%、オートマ44%とマニュアルの方が多数派でしたが、平成25年(2013年)にはオートマ55%、マニュアル45%に逆転しています。

その背景として、免許取得費用がオートマの方が安くより簡単であること。また、現在では日本で発売される車両の98%がオートマ免許で運転できることなどが挙げられます。

ただし、海外においてはマニュアルが主流の地域も多く、特にヨーロッパではその傾向が高まります。また、運転を伴う職業の場合、社有者がマニュアル車という場合もまだ多く見られます。

さらに一部のスポーツ車などで、マニュアル車のみの設定という場合もあります。そうした事情を踏まえた上で、ご自身のライフスタイルを鑑み、オートマかマニュアルかを選択するのが賢明です。

くAT免許をとるなら /
足立区の自動車学校
教習料金比較

足立自動車学校

足立自動車学校
29万7,800円

足立自動車学校の
公式サイトはこちら

北足立自動車教習所

北足立自動車教習所
30万574円

北足立自動車教習所の
公式サイトはこちら

足立自動車学校

足立自動車学校
29万7,800円

足立自動車学校の
公式サイトはこちら

竹ノ塚モータースクール

竹ノ塚モータースクール
30万850円

竹ノ塚モータースクールの
公式サイトはこちら

               車

自動車学校を選ぶ時に必ず気になる「教習料金」。
ここでは足立区内の自動車学校のAT教習料金をわかりやすく比較しました!

AT教習料金の
比較はこちら