× CLOSE

足立区の自動車学校比較ガイド » 【特集】自動車学校まとめコラム » 通学で短期集中VS合宿!
自動車学校の最短卒業ルートはどっち?

公開日: |更新日:

通学で短期集中VS合宿!
自動車学校の最短卒業ルートはどっち?

このページでは、自動車学校の短期集中の通学と合宿を比較し、免許取得までの日数やメリット・デメリットについて紹介しています。

通学短期コースのメリット・デメリット

通学短期コースのメリット

一番大きなメリットは、自宅から通いながら、おおよそ3週間程度の短期集中で免許取得が目指せるという点になります。わざわざ宿舎暮らしをする必要はなく、また空いた時間も有効に使えます。「地元でアルバイトや学校に通いながら免許を取得したい人」に適しています。

通学短期コースのデメリット

デメリットとしては、一般的な通学プランよりも費用が割高になる場合が多いです。また時期ごとに定員数が決まっているパターンがほとんどのため、早期に申し込まないと希望した期日での卒業が難しくなる場合があります。

合宿免許のメリット・デメリット

合宿免許のメリット

地方などの専用施設に泊まり込みながら教習を行うという方式です。およそ2週間から3週間弱で免許取得が可能というのが大きなメリットと言えます。例えば「短期間で、お友達と一緒に免許を取りたい」という場合には、適しているでしょう。

合宿免許のデメリット

合宿免許のデメリットは、時期によって料金が異なることです。学生の入校が集中しやすい7~8月の夏休み期間、1~3月の卒業から春休みにかけての期間は繁忙期のため、費用が割高になる傾向があります。また、基本的には泊まり込みのため、個人的な外出がしにくくなります。バイトや学校との両立は難しいため、その期間内は教習以外はほぼ何も出来ないと考えたほうがよいでしょう。

また、合宿免許を行っている地方の施設周辺の交通量は都心と比べると圧倒的に少ないです。道路環境も単純で、都心のように首都高速の出入り口からの合流や車線が複数あるといったことも少ないため、実践的な経験を積むことが難しいでしょう。そのため、地方で運転の練習を積んだとしてもいざ都心で運転するとなった際、交通量や駐車車両、歩行者の人数の違いに怖気づいてしまい、結局ペーパードライバーになってしまうといったケースも。

結局、通学短期プランと免許合宿はどちらが最短?

以上の通り、通学短期プランと合宿方式には、それぞれにメリット・デメリットがあります。単純に最短なのは合宿ですが、学校やアルバイト、余暇の時間をある意味犠牲にする必要もあります。本当に短期間で集中して免許を取るなら合宿、バイトや学校などと両立しながら免許を取るなら通学短期といったように自身に合ったプランを申し込みましょう。

足立区のおすすめ自動車学校3選
値段と口コミ・評判を比較

くAT免許をとるなら/
足立区の自動車学校
値段と通いやすさを比較

2023年5月17日時点、足立区内にある自動車学校は下記3校のみでした。(※)

ここでは、自動車学校を選ぶポイントである「値段」と「通学のしやすさ」に注目して、各校の教習料金と無料送迎バスの停留駅数を比較しています。

※参照元:一般社団法人 全日本指定自動車教習所協会連合会(https://www.zensiren.or.jp/archives/area/tokyo/)

足立自動車学校

足立自動車学校
AT料金:327,580円
MT料金:341,440円
送迎バスの停留駅数:20

足立自動車学校の
公式サイトはこちら

足立自動車学校

足立自動車学校
AT料金:327,580円
MT料金:341,440円
送迎バスの停留駅数:20

足立自動車学校の
公式サイトはこちら

竹の塚モータースクール

竹の塚モータースクール
AT料金:327,800円
MT料金:341,330円
送迎バスの停留駅数:8

竹の塚モータースクールの
公式サイトはこちら

北足立自動車教習所

北足立自動車教習所
AT料金:329,450円
MT料金:342,650円
送迎バスの停留駅数:4

北足立自動車教習所の
公式サイトはこちら

【教習料金】
※2023年5月17日調査時点、普通自動車免許(所持免許なし・一般)の教習料金を参照。
※教習料金には、入校時に必要な金額も含まれています。
※別途、仮免申請交付料や仮免学科試験不合格の場合の再受験料、教習・検定のキャンセル料が発生します。

               車

自動車学校を選ぶ時に必ず気になる「教習料金」。
ここでは足立区内の自動車学校のAT教習料金をわかりやすく比較しました!

AT教習料金の
比較はこちら